ウクレレを自宅で上達させられる、初心者向けの通信講座をご紹介。楽譜が読めない人でもOK!

ウクレレが確実に上達する通信講座とは?

ウクレレを自宅で上達させられる、初心者向けの通信講座をご紹介。
ウクレレ講師のプロ、古川先生が講師をつとめています。楽譜が読めない人でもOK!

ウクレレを練習したい けど独学では難しい…

ウクレレを独学ではじめたいけど、どうやって練習すればよいのかがイマイチわからないという人、少なくないと思います。



ウクレレ自体は最近はメジャーになりつつある習い事のひとつですが、ピアノなどに比べるとまだまだ教室も少ないですし、お金もそれなりにかかります。

近くに通えそうな教室はない、でもウクレレって簡単に弾けるらしいから大丈夫かな…と、独学ではじめる人って結構多いんですよね。



結論からいうと、ウクレレは教室に通わなくても弾けるようになります。独学だけで上達させることが出来るんです。

とはいえ、上手くなるには練習方法に工夫が必要です。
練習の仕方はもちろん、課題曲なども自分で選ばなくてはなりません。

独学がダメだというわけではありませんが、全くの初心者や楽器を始めて間もない人が独学でウクレレを練習するのには、ちょっと無理があるかもしれません。

全部自分で決めて練習していかなくてはならないので、この練習方法で上手くなるんだろうかとか、上達の兆しが全く見えてこずに行き詰まる可能性もあります。

なので独学でやるにしても完全な初心者の方は、まず教室で基本的な知識や練習方法を身に付けたほうがよいといえます。

でも教室に通うのはムリ…なんて人、いますよね。
そんな人におすすめしたいのが、今回ご紹介する自宅でもできるウクレレの通信講座です。

もしあなたが本気でウクレレを弾けるようになりたいと思っているのなら、目を通していただいても損はないはずです。

興味をお持ちの方は、是非ともご覧いただければと思います。




ウクレレは初心者にもはじめやすい楽器



ウクレレは初心者にはじめやすいといわれる楽器です。

ウクレレと似た楽器にギターがありますが、ギターはサイズが大きくやや重さもあるため、人によっては弾くのが大変な場合もあるのですよね。

ですがウクレレは楽器自体が小さいために力のない人でも持ちやすいこと、また弾く時にギターほど指を広げなくても良いため、楽に弾けるんです。

加えて、音も他の楽器に比べると大きくありませんから、自宅でも気軽に練習できます。

そのように、他の楽器よりもハードルが高くないという理由から今、大人の間でウクレレの人気が急上昇しています。



ただ、いくら初心者に向いているとはいっても、そもそも楽譜が読めなかったり、音楽の知識が全くない人には無理なのでは?

と思ってしまいますよね。
それは正解でもあり、間違いでもあります。

普通は楽譜が読めなくては、楽器は弾けません。

ですが、次でご紹介しているウクレレ講座なら、楽譜が読めなくてもウクレレを弾くことは可能です。



古川先生のウクレレ講座なら、楽譜が読めなくてもウクレレが弾ける



基本的に、独学で楽器を弾くためには楽譜が読める必要があります。

なので独学でウクレレを初めてみました!なんてことを言っている人でも、実は音楽の知識や経験自体はそこそこあって、楽譜が読めることが少なくありません。

ウクレレは初心者だけど、音楽初心者ではないということです。

そんな話を聞くと、全くの音楽初心者がウクレレを弾くなんて無理なのでは?と思ってしまいますよね。



しかし大丈夫です。

今回ご紹介している古川先生のウクレレ講座では、ドレミの楽譜が全く読めなくても大丈夫な楽譜を使用していますので、全くの音楽初心者でも問題ありません。

またDVDで、実際にウクレレを弾いている先生の手元をじっくり見られるようになっているため、独学でありがちな「手指の使い方、弦の押さえ方がわからない」何てことにもなりません。

完全な初心者でも上達できるよう作られたウクレレ講座なんです。

この講座なら楽譜がまったくよめなくても、楽器が初めてであってもウクレレは弾けるようになります。



ちなみに古川先生は、多数の音楽教室を運営しているプロのウクレレ講師です。

ウクレレの腕前が優れているだけではなく、とにかく面白い・楽しいと評判の先生で、常時多数の生徒さんを教えていらっしゃいます。

ウクレレの教本やCDなども数多く手がけるなど、豊富な実績と確かな実力を持ったウクレレ講師なんですよね。

そんな先生が、初心者でも自宅で楽しくウクレレが学べるように…と作った講座ですから、間違いありません。



古川先生のウクレレ講座のよいところは?

楽譜が読めなくても、ウクレレが弾けるようになる古川先生のウクレレ講座ですが、メリットはそれだけではありません。

他にも以下のような工夫があります。




押さえる所がすぐわかる「ウクレレ専用楽譜」を使用




楽譜が読めなくても、楽器を触ったことがなくても理解できる「ウクレレ専用楽譜」を使用しているため、楽譜を見ればすぐに弾き方がわかります。

通常の楽譜をつかうよりも、短期間でマスターすることが可能です。




弾いている手元を色んな角度からみられる




大抵のウクレレ動画では、弾いている様子を見ることはできるものの、イマイチ手元の様子がわかりづらいものが少なくありません。

しかし古川先生のウクレレ講座のDVDでは、単に手元の様子をみられるだけではなく、さまざまな角度から見られるような工夫があります。

手の角度や指の使い方までよくわかるため、プロの弾き方がどういったものかが理解しやすいです。




DVDを見ながらすぐに弾くことができる




動画を見ながらの練習は、動画で弾いている様子を見て、さらに本で楽譜を見て…と言った感じで、動画と本を行き来する必要があります。

しかし古川先生のDVDでは、弾いている手元の映像に「歌詞」や「押さえる図」などを一緒に載せているため、映像だけに集中して練習ができるんです。

動画と本の間を行き来しながら練習するのって結構面倒なことなのですが、その手間がありません。




一般的な教本よりももっと初歩から解説している




ウクレレの教本を買ったことがある方なら分かると思いますが、大抵の本はある程度ウクレレの知識があることを前提にしています。

当たり前のように専門用語が使われていたりするので、初めての人にはその時点で理解するのが難しいことが多いのですが、古川先生の講座はそうではありません。

知っていて当然だとされる初歩的なことまで説明しているため、まったくの初心者であっても安心です。




指1本からスタートするため、途中で挫折しにくい




いくらウクレレが簡単だとはいっても、初心者にはやはり難しいです。

この指とこの指を押さえて…と言った時点で、何をすればよいのかがわからなくなる人も少なくありません。

弦を押さえること自体が、大変なことなのですよね。

難しいとついていけなくなり、結局挫折してしまうことにもなりかねないのですが、古川先生のウクレレ講座では「指1本」からという初歩の初歩からスタートするため、初心者でもついていきやすいです。

挫折せずに続けられます。




弾いてみたい曲を揃えているから練習が楽しい




知らない曲ばかりだとウクレレを弾く楽しみも半減しますが、古川先生のウクレレ講座では、一般的にメジャーな人気曲ばかりを揃えているんですよね。

好きな曲が弾ける…と思えば、練習も楽しみながらできるはずです。




ウクレレなど必要なものが全て揃った楽器セットもある




古川先生のウクレレ講座には、DVDやテキストといったレッスンに必要な教材だけではなく、ウクレレやストラップといった楽器をプラスしたセットも提供しています。

失敗しないウクレレ選びにも書かれている通り、ウクレレって沢山種類があって選ぶのが難しいです。

特に初心者だと、どんなウクレレを選べばよいのかがわからないと思います。ウクレレ楽器セットは、そんな方向けの製品です。



楽器セットには、ウクレレ以外にもチューナーやストラップなど必要なものが全て揃っているため、届いた日からすぐにはじめられるのが魅力。

ウクレレについても、お求めやすい価格で確かな品質のウクレレをセレクトしているため、安物買いの銭失いになりません。

また楽器は、事前に専門家がチェックしています。
自分でウクレレを買いに行くよりも安心です。



ウクレレ講座を受講された方の声

ほんの一部ではありますが、古川先生のウクレレ講座を受講された方の声をご紹介します。


ウクレレ毎日少しづつ練習しています。
DVDも解りやすく助かっています。



先生からのメールで、初心者の進め方が良くわかります。
メールの導き、大変ありがたいです。



まだ始めたばかりですが、1曲弾けた時は感動しました!引き続き頑張ります。



思ったより簡単に弾けましたのでウクレレ片手に弾き語りで好きな曲を歌えてとっても楽しいです。もっと色んな曲を弾いてみたいので、続編を出してください(笑)


これらは実際にチャレンジしてみた方個人の感想であり、全ての人に当てはまるわけではありませんが、初心者であっても比較的短期で曲が弾けるようになったという声が多いようです。

教室などとは違い、スキマ時間に少しづつ練習していけるという点に魅力を感じている人も多いですね。

自宅でウクレレを独学したい、教室に通わずウクレレを上達させたいという人にはぴったりの講座だといえます。



高い費用がかかるのでは?



古川先生のウクレレ講座、特に初心者には至れり尽くせりの内容ですが、その分価格が高いのでは?と費用面を心配される人もいるでしょう。

有名講師直伝というだけではなく、教室に通う以上に丁寧に教えてくれ、かついつでも好きな時間に練習ができる講座ですからそう考えるのも無理ないと思います。



しかし考えてみてください。

ウクレレ教室が近くにない方にお勧めのウクレレ通信講座の「通信講座って高くないの?」にも具体的な費用がかかれていますが、一般的なウクレレ教室に通う場合、月2〜3回ほど通ったとすると1万円前後はかかります。

ある程度まで上達するには、最低でも1年以上は通う必要があることを考えると、教室代だけでも10万円は軽く超えてきます。

加えて楽器や必要な道具、通うための交通費などもプラスすると、さらにお金がかかることになります。



一方で古川先生のウクレレ講座は、レッスンDVDや教本のみだと税別29,800円(2019年7月時点)、講座にウクレレや必要な道具をプラスしたセットであっても税別46,000円(2019年7月時点)というお手頃価格なのですよね。

一度にこの費用がかかると考えた場合、なんとなく高く感じてしまうかもしれません。(分割払いも可能です)

しかし教室以上のクオリティでウクレレを学んでいけること、またいつでも好きな時に好きなだけ練習ができるという点を考えると、正直太っ腹な価格設定だと言わざるを得ません。

自分の趣味にはもちろん、プレゼントなどにも適当なのではないでしょうか。








以上、古川先生のウクレレ講座について解説させていただきました。

ウクレレが弾けるようになりたい、でも教室へ通うのが難しいという人や、独学で練習しているけれどいまいち上達しない…なんて方に、特におすすめの学習方法だといえるでしょう。

時間があまりとれない方でも、この講座を利用して少しずつでも練習を重ねていけば、自由に好きな曲が弾ける日もそう遠くないはず。

頑張ってくださいね。


Copyright (C) 2018 ウクレレが確実に上達する通信講座とは? All Rights Reserved.

Page Top