初心者が習う楽器はギター?それともウクレレが良い?

ウクレレが確実に上達する通信講座とは?

ウクレレやギターなど、弦楽器に挑戦してみたいけれどどちらにしようか迷っている。そんな人、結構おられるようです。記事では、初心者に向くのはどちらなのか?について詳しく解説しています。

初心者が習う楽器はギター?それともウクレレ?



ウクレレを習ってみたいと思ったけれど、調べてみるとギターもよさそうな気がしてどちらにしようか迷っているという人、おられると思います。

ウクレレってどちらかというと可愛いイメージですが、ギターは同じ弦楽器でありながらクールなイメージがあります。

ギターの弾き語りなんて、格好良いですよね。
でもウクレレでジャカジャカやるのも楽しそうです。

もし初心者がこれから楽器を習うなら、ギターとウクレレどちらが良いのでしょうか?




万人に向いているのはウクレレ

結論からいうと、万人向きなのはウクレレです。

意外でしょうか?
なんとなく、ギターの方がメジャーな感じがしますよね。

でも初心者が始めるなら、ウクレレの方が気軽で簡単です。




同じような楽器なのに、なぜウクレレの方が簡単なのか?
以下をご覧ください。


・ウクレレの方が小さい
・ウクレレの方が弦が少なく材質も柔らかい
・ウクレレの方が音に丸味がある


まず大きさですが、ウクレレとギターは見た目は似ていますが、ウクレレの方がかなり小さいです。

ウクレレと言ってもさまざまなサイズのウクレレが存在するため、どのくらい小さいとは言いにくいのですが、最小サイズのソプラノウクレレであれば、一般的なサイズのギターの半分以下のサイズです。




小さいとなにが良いのでしょうか?
まずサイズが小さいと抱えやすいですし、軽いので長時間持っていても苦になりません。



対して、ギターのようにサイズが大きい楽器を長時間持っていると疲れてきます。

もちろんストラップをつけてさげますが、さげる時に肩にギターの重さがかかるため、慣れていないと肩が痛くなってしまうかもしれません。

その点、ウクレレは小さく軽いので、力のない女性でも持ちやすいんですよね。




次に弦の数ですが、ウクレレの弦が4本であるのに対し、ギターは6本です。




当然ですが、弦の数が多いほど押さえるコードが複雑になりやすいため難しいですし、手が小さいと沢山のコードを押さえる際に手指に負担がかかります。

その点、ウクレレは弦の数が少ないですからコードが単純になること、また無理な指使いをしなくても弾けます。




あと、ウクレレとギターとでは弦に使われる材質も異なります。
ウクレレの弦には、主にはナイロン製の柔らかくて丸みのある素材が使われています。

一方でギターは、クラシックギターに関してはウクレレと同じような弦が使われますが、アコースティックギターやエレキギターには金属素材の弦が使われています。

ウクレレの弦とは音が全然違いますし、指で押さえた時の弦の硬さも全然違います。




実際に弾いてみないとわかりにくいと思いますが、ギターを弾きなれていない人がギターの硬い弦をずっと弾いていると、指先にマメができたり、痛くなったりしやすいです。(過去、ギターをやった時にマメができました)

一方でウクレレは弦自体が柔らかいため、指先にやさしい弾き心地なんです。
特に指先の皮膚が柔らかい人には、ウクレレの方が絶対に弾きやすいです。



あと音について。

ウクレレとギターとでは使われている弦の種類や、楽器自体のサイズが異なるため、音質や音の出方が大きく異なります。

ウクレレの方がポロンポロンといった丸くて優しい音であるのに対し、ギターはジャ〜ンという感じで周囲に大きく響きます。

どちらの音が良いと感じるかは個人の好みによるところが大きいため、良い悪いはいえないのですが、少なくとも自宅で練習するのならウクレレの方がやりやすいです。

音がまわりに大きく響かないので騒音になりにくいですし、聴こえたとしても耳触りが良いのでストレスになりにくいんです。

家族がいる場合だと、なおさらウクレレの方が自宅で練習しやすいと思います。




初心者にはウクレレが向いている でも好きな方を選ぶのがベスト



結論としては、初心者がこれから楽器を習うのならウクレレの方が向いているといえるでしょう。

ウクレレでもギターでもどちらでもよいというのなら、ウクレレを選んだ方が弾くにあたっては困難が少ないですし、上達するのも早いはずです。

上達が早いと弾くのも楽しくなるでしょう。



とはいえ、楽器をやるなら本当にやりたいと思える楽器をやるべきです。

本当はギターが良いけど、ウクレレの方が簡単そうだし…なんて、妥協でウクレレを選ぼうとしているのならおすすめできません。

楽器は本当に好きだと思えるものをやるべきです。
自宅でギターが練習できない環境であるのならともかく、そうでないのなら最初からギターを習いましょう。




通信講座ならギターもウクレレも自宅で学べる



楽器を弾きたい…。
でも、初心者だとなにから手を付ければよいのかが全く分かりません。

なので、多くの方はまず音楽教室へ習いに行こうと考えるのではないでしょうか?



近くに教室があって、費用にも時間にも余裕があるというのならそれも悪くないでしょう。

教室はレッスン時間をそれほど長くは取れないため、スローペースにはなると思いますが、先生に直接教えてもらえるので確実に上達が見込めるはずです。



ただ、近くに教室がない場合や定期的に時間を空けるのが難しい場合。あと教室に通うのが恥ずかしくていやだという人もいますよね。

そんな人は、自宅で楽器を学べる通信講座を利用するのがおすすめです。



自宅で練習なんて、続かなさそう…と思われるかもしれませんが、最近の講座って教材に動画を使ったものが多く、先生に直接教えてもらっている感覚で練習ができるようになっています。

特に以下でご紹介しているウクレレ講座・ギター講座は、プロとして活動している古川忠義先生が動画を通してわかりやすく教えてくれるため、音楽経験がない人でも大丈夫。

なんと楽譜が読めなくても、短期間でウクレレやギターを弾けるようになるんです。

スキマ時間に少しづつ練習できるカリキュラムが用意されているため、何事もマイペースで進めるのが好きな人にとっては、教室へ通うよりも上達が早いと思います。

一般的な教室にしばらく通うことに比べると、費用を抑えることができる点も大きな魅力です。



ウクレレを習いたい、もしくはギターを習いたいとお考えの方は、是非チェックしてみてください。








Copyright (C) 2018 ウクレレが確実に上達する通信講座とは? All Rights Reserved.

Page Top